FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後 独学で上級を目指すにあたり~書写検定⑨

買っちゃったよ、DSの美文字。
書道ってのは、流派によって跳ねるとかとめるとかが微妙にちがったりする。
文字としてみたらどれもすごくきれいなんだけど、試験になるとその流派の文字を
かけてるかってのはかなり重要だと思う。

ということでDSの美文字を買いました。なぜならば
文部科学省後援毛筆書写検定準拠なんですもの。

でも買ってから気づいたけど、これ毛筆ね。毛筆もゆくゆくは受けたいと思ってるし
元々私は毛筆の方が得意(自称)なのでこれはこれでいいのだけど
ユーキャンが硬筆(もちろん硬筆書写検定準拠)を出したらしいのでおこづかいためて
買いたいと思います。
2400円くらいみたいだけど、こんなやりもしないソフトを2本も買うのはさすがに自分でも
ちょっと躊躇。

やらないけど、とりあえず美文字。いいよ。認識とかもストレスないし。
こいつで次は3級目指します!








スポンサーサイト

theme : 資格
genre : 学校・教育

合格証書と合格者の特典~書写検定⑧

(今回もまた全部クリックで拡大します)

試験から2週間くらいで、まず一枚はがきがくる。英検とかと同じく どきどきシートをはがすと
中に「合格」とか「不合格」と書かれているあのはがきだ。3級以上になると、どのくらいのレベルで
落ちたか、ってのもA・Bでわけて教えてくれるそうだ。

私の結果は・・・
pen1
合格。ありがとう。10歳未満しか受けてないあの試験なので、なんかむしろプレッシャーだったので
ちょっとほっとする。

それからまた1ヶ月近くたつと、今度は本物の合格証書だ!うれしさ半分。だって
ライバルは小学・・(以下略)

pen2

それと同時に、「合格者の特典」といううすっぺらーい紙も入っていた。
要約すると、
「合格者は別料金で【登録制度】を利用して永久登録できます。また合格バッジと
合格証明書(受験等で使ってね)、年に二回の会報を2年間送るよ。証明書とか
バッジだけでもいいよ」
とのこと。
 料金は、バッジだけだと
1級2000円 2級1500円 4級 1000円 とかそんな感じ。(はしょっちゃった)
なんか良心的だね。さすがに今回の4級はいらないけど、2級とか取れたら登録してしまいそうな
自分がいます。詳しくは画像乗せますので拡大して見てください。
pen3
pen4




theme : 資格
genre : 学校・教育

試験問題と対策について ~書写検定⑧

どんな問題がでるか。
これはとってもどきどきですが・・・まあ大人なら、4級はとにかく何も考えず
言われたことを書けばいい、そんな気がします。
そうは言っても!という人は、大きな書店にいくと「硬筆書写検定4級合格のポイント」という
本があります。(よっぽど大きくないとないけど)
これをぱらぱらみれば判ります。私はかなり昔に一度購入したのがありましたが
全くやらずにいってきました。終わってからかなり昔のこの本を見ると 問題の体裁は
全く変わらず、ただ課題の文字は変わってましたが、レベルも変わらず、です。
平成何年度、とかかかれてても、どの年度のもん買っても同じです。いや買わなくて
いいと思います。

問題はうろ覚えですが、最初のほうで早書き。確か3分程度の時間で200文字くらいの
文字を書き写します。これはキレイさは求められてないとか。私はもんのすごい悪筆で
必死で書き写したところものの30秒で終わってしまいました。大人が必死になってやる
もんじゃなかったらしい。

次に標語だか俳句的な長さのものをいくつか書いて、それから漢字の書き取り。
これにきれいさを求めてるのかどうか判らないのですが、私は途中から興奮して
癖字のまま回答してしまいました。レベルは、漢検4~3級くらいでしょうか。その中でも
簡単なものです。あくまで小学生レベル。それも「小豆」みたいな小学生的に
難しい読み方のものも出ず、ごくごく平凡な文字でした。

最後に太ペンで 短めな言葉を書く。これが意外と難しい。太いペンで文字なんて
思えば文化祭で模造紙になんかどうでもいい研究を書き付けたとき以来だったわ。

以上やって 試験開始から15分・・・。見直しするようなもんでもなく そのまま
出ていいよって言われる時間になったら、そそくさと逃げるように会場をあとにしました。


theme : 資格
genre : 学校・教育

当日本当に必要な筆記用具 ~硬筆書写検定⑦

硬筆書写検定では、いくつかのペンの使い分けが必要です。
受験要綱では ものさしだとか ボールペン 付けペン とか色々書かれていて
いったいどれが必要なのかわかんなくなって、結局あるもんはすべて持っていって
しまいました。

試験の公式サイトによると

第1問はボールペン(1級~4級 ※4級はえんぴつも可)
第6問では油性マーカー(1級~4級 ※4級は第5問)
というように、各設問に対して筆記具を指定しています。

と書かれています。(公式サイトの筆記用具のページ

いまいちわかんなかったんですが、それは問1ではボールペン、問2ではつけぺん、
問3ではマーカー というように 試験製作者が自由気ままに指定してきてるのかと
思ったのですが、どうやらそうではない模様。

少なくとも4級では 問1はボールペンorえんぴつ 好きなほうでどうぞ。
問6では油性マーカーを指定。問2~5では、えんぴつ ボールペン サインペン等々から
「お好きなものをお使いください」ということだったみたい。だから別にあるもん
全部もっていく必要はございませんでした。

ただし「油性マーカー」」の筆先の形状は結構うるさく指定してきてますので
一度公式サイトをチェックしたほうがよさそう!
つうかこの試験、ネットにつながってない人はどうするんだ???ペン先のこと
ちゃんと気づくのかしら?

theme : 資格
genre : 学校・教育

当日判明した、受験級のはなし ~書写検定⑥

 さて、当日。
会場は横浜創学館高等学校。
いやぁ。学校ってこんな感じだったなぁ・・・と思いながら昇降口でスリッパを探すと、ない。
仕方ないのではだしでそのまま来賓用入り口まで廊下を伝い、ずうずうしくも
来賓スリッパを借りて戻ってくると、他の受験生たち(子ども)は上履きを取り出してる。
受験はがきを改めて見ると、太字で「室内履きをもってこい」と書いてあった。
忘れちゃったらしい子どもはそのままはだしで受験会場の教室へ歩いていっている。
こういうときにずうずうしく来賓スリッパを借りてしまう、これはおばちゃん化なのかそれとも
機転が効くねってことなのか。

 4級の会場は「5級・4級合同」の教室。
受験生すくないんだなー、と思ってみていると、次々入ってくるのは小学校低学年。
明らかに場違いな私。
 居場所のないままにただただ試験開始を待っていたのだけど、結局最終的に
15人程度の4級受験者の中に、大人は3人。

 4級って、神奈川全体で15人しか受けない程度だったんだね。
しかも大人3人って・・・。これは受験料はもちろんのこと時間も(なにしろ金沢八景から延々
徒歩の距離なので)おもいっきり無駄にしたってのことかね?

4級 硬筆書写の基本的技術及び知識をもって書くことができる。


公式の試験概要にはこれしか書いてないけど、基本技術と知識って・・もしかして
横書きは左から、とかそういうこと?

・・・そして、だんだんことの重大さがわかってきた。
これ、まちがっても落ちれないね。

 

theme : 資格
genre : 学校・教育

申し込み時に超重要なこと~書写検定⑤

今回申し込みにあたって、大きな失敗をしてしまった。
「希望受験地」に、うっかり「神奈川」を選んでしまったのだ。
簿記とか英検とかほど規模の大きな試験ではないだろうなとは思っていたので
「試験会場ってどこらへん?」というのは気になってHPでも探してみていた。
しかし見つからなかった。
まぁ神奈川といえばきっと横浜駅周辺だろう、とたかをくくっていた。
そしたら届いた受験票を見てびっくり。「金沢文庫駅から徒歩16分」。16分てなんだろう。
普通試験会場に選ぶ場所じゃないよねぇ・・・。神奈川って広いよ。ほぼ静岡のあたりの
人もいるかもしれないじゃん。

受験票が届いてからあらためてチェックしてみたら HPの「受験要綱」の下の方に
昨年の開催地が載っていた。昨年の場所なので、変更の可能性も少しはあるかも
しれないけれども神奈川の場合、変更はなかった。この要綱を見る限り
東京や北海道を除いては基本的には1県につきなんと開催地が1つ。
これは要チェックだった。私の場合はどう考えても都内を選んだほうがよかったし
静岡よりの神奈川の人ならば、間違いなく静岡が正解だと思う。

theme : 資格
genre : 学校・教育

試験の概要~書写検定④

それでは日本書写技能検定のHPを読めばわかるようなことをまとめます。

試験は年に3回。6月と11月と1月に。
午前が硬筆、午後は毛筆なので、今回私は硬筆だけ受けたものの
普通は午前午後両方受けるものなのかもしれません。

試験内容は実技&理論。これでも「漢検2級ホルダー」なので
4級受験のための理論は全くやらずにいきましたが、上のほうになると
草書を読んだり、漢字を旧字体と書写体とで書いたりとか 「書」を
「勉強」していないと、単に文字がうまいだけでは太刀打ちできないような
内容になるようです。

実技は早書き(きれいじゃなくてもOK)とか、ボールペン、マーカーなど
筆記具指定で書くものなどがあります。

なお、受験料は 5級1000円 4級1300円 3級2000円 2級3000円
準1級 4000円 1級 5000円。下のほうの級は良心的。

theme : 資格
genre : 学校・教育

申し込みまで~書写検定③

恥ずかしながらのカミングアウトですが、浪人生時代「この1年を無駄にしたくない」と
日ペンに入会した過去があります。

結果的に1年という時間だけではなく、日ペン代も無駄にしちゃったのですが。
日ペンは永久添削保障らしいから、その後も何回も思い立ってはじめるのだけど、
なかなか続けるのが大変。いつもカタカナから漢字の最初の部分あたりで断念。
でもまぁ、早く終わらせたらいいってものでもないし、このお手本はずっともって何度も何度も
何回転もさせてナンボなものだと思うので(なんたって【道】とつくようなものですから)
もったいないとは思ってはいないのですが。。。

そんな経緯もあって、実は以前も申し込もうと思ったことがあったのだけど、その当時は
英検とかとちがってなかなか願書が手に入らない。紀伊國屋などの大きな書店にも
置いてないこともあり、以前いちど見かけたのは丸善の本店くらい。情報を得ようにも
ホームページもなく、願書が手に入らない場合は200円分の切手同封の上資料請求
というふるーい体質だった。それが確か平成17年くらい。

ところが今回「そうだ、今年こそ受けてみようかしら」と思ったのが締め切りの3日前。
ダメ元で「Webサイト立ち上げてるかも」と検索してみると・・・。なんと立派なサイトができていた。
さらに「願書請求」フォームまである。よし、3日前に依頼して届いたら受けよう。
間に合わなかったら秋に受けよう!と思って申し込んだら・・・。なんと締め切り当日に届いちゃった。
今までみたいに200円も取られなかったし、せっかくだから申し込むことにした。

郵便局で振り込んで、その領収書と、願書を郵送で送るだけ。という検定によくあるタイプの申し込み方法だった。

theme : 資格
genre : 学校・教育

なぜこれを受けたの?硬筆書写検定と他の検定の違い~②

昔(今も?)”なかよし”とか”りぼん”とかに載ってた日ペンの美子ちゃんが
「ペン字検定1級合格者の4割が日ペンの出身者なのよ」と言っていたあの
「ペン字検定」の名前がかわったもの。
たくさん試験がある中で(後述)どうしてこれにしたかというと
文部科学省認定の一文が付いてるのがこれだけだったからだ。

前回「毛筆は2級(但し小学生の部)を持っている」と書いた。これは
普通に書道を習いにいくと、そこの書道が加盟してる団体で取るもので
級からスタートして初段・・・2段・・3段・・・と進んでいくやつなんだけど

全国書教研連盟とか
書写検
とか
日本習字教育財団
日本書道教育学会とか
とにかく流派の数だけ資格がある。

私は「不二」という月刊誌(月間のお手本)を教室で使っていたから、書道教育学会に
所属していたらしい。今わかった。

ということは、履歴書で「書道師範」とか書いてる人とかも、それだけじゃ腕前は
ピンきりなのかもしれないなーと思ったので、一番メジャーなのがほしいなと思ったからだ。

wikiによると、たとえばこの不二を発行している【書道教育学会】(wiki)とかの段位は
書道界全体で(書道界、って言い方をするんだねぇ)通用するらしいけど・・・


それからこの「硬筆書写検定」は5級からはじまって1級で終わり。他の団体の場合
段にすすんでいくものが多いけど、とりあえずこの検定に1級以上はない。
1級を取れば「指導者」としての認定証も出るらしい。

(ちなみに、他の団体を色々調べてみたけど、どうやら4~5段で終わりみたい。
 たまに「うちの子は8段。師範の腕なの」的な自慢に出くわすこともあり やっかみ8割で
 ちくしょーと思ってましたが、あれは児童の検定みたい。大人の検定に8段はないから、
 そういうこと言ってる人は吹かしである可能性大!
高校生になると一般の
 検定になるので 8段→一般の1級 になるらしい。 それを聞いて、あの人も 
 この人も自慢してたわ、何が師範よ ニヤリ とか一瞬してしまったけど
 ま、字がきれいなことには変わりないし、私の悪筆もまた変わらんのですが)

5→1級!なんか近そう。(実際は1級は難関で取れないとおもうけど)ということで、
この検定を受けることにした。

theme : 資格
genre : 学校・教育

クセ字が無勉でペン字検定~硬筆書写4級①

私はひどい癖字です。もうそれは自分でも認めます。匿名のラブレターでも脅迫状でも
私が書いた段階でもうそれは「匿名」ではない。ってほど。

とはいえ他人に「超汚いよねー」といわれたとしたらちょっと腹がたちます。
だって私には「基礎があるもの」(自称)

私だって、全く文字がかけないわけでは有りません。本人としては「筆ならばきれい」
「バランスがややずれてるだけで、個別の筆の扱いはきれい」  
文字ってバランスが一番重要ってことは無視ですが。

そんな私の書道暦。小学校時代に2年間。保持は2級。
この級は「10級→1級→初段・2段・3段・・・」と続くオーソドックスなもの。
それから20年のブランクを経た今、「私の文字は客観的に見てどうなの?」という
疑問がわいてきたため 「無勉」にて今週末の「硬筆書写検定4級」にのぞみたいと
思います。

theme : 資格
genre : 学校・教育

FC2アフィリエイト

売れ筋

07 | 2018/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
プロフィール

検定はなこ

Author:検定はなこ
勉強時間の限られた社会人。
最小の勉強時間で、
できればお金もかけずに合格!

大きな資格はハナから諦め、
小さいのをちょこちょこ狙ってます。

受けてから知った「知っておきたかった情報」メモと実際につかった教材の紹介blog。

元々の知識→法学部卒 大学卒業時の英検3級

最近の記事
最近のコメント
資格ブログの仲間たち
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。