FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

商工会議所認定ビジネス法務リーダーの称号ゲット~ビジ法3級⑥

 ビジ法をうけてたことなどすっかり忘れた頃、(08年の春くらい?)突然

「合格者称号付与制度 」スタートのお知らせが耳に入りました。

公式HPによると

ビジネス実務法務検定試験®は創設以来、約30万人に達する多くの方に受験していただきました。当検定試験の受験を通じ、ビジネス社会でより一層活躍していただくことを期待し、合格者に以下の称号を付与いたします。
※過去の合格者にも適用します。

すっごい。うれしいじゃん!名刺にも入れていいらしい!で、どんな肩書きがもらえるの?
と読みすすむと・・・

♦3級合格者:ビジネス法務リーダー
♦2級合格者:ビジネス法務エキスパート
♦1級合格者:ビジネス法務エグゼクティブ

ワー、スゴクダサイネ!!


名刺に「商工会議所認定」の文字とともにいれていいらしいんだけど、営業の頃なら
つっこみどころとしてこれ入れるのもありだけど・・・ なんか、どうしたらいいんだろう。

詳しくはここ(東京商工会議所)に書いてあったよ。

でも、エキスパートになったら入れようかな、とちょっと思う。


スポンサーサイト

theme : 資格
genre : 学校・教育

合格証と成績表~ビジ法3級⑤

試験結果は、封書で届きました。
自己採点で合格していたので、ドキドキはしていなかったものの、届くまでは心配。
これが合格証です。
biji3card
カード型。
これをカードにして何かいいことがあるのか?いつも不明だけれどもカード式。
裏は磁力の入ったテープがはってあるようなデザインだけど、別になんかデータがはいってるという
わけではない。単なる「黒いラインが上にはいっている」というデザイン。

このカードは下のような成績表に貼り付けられて送られてきました。ちょうど新しいクレジットカードや
キャッシュカードを申し込んだときに届くような感じ。

biz3seiseki


それによると今回の私の結果は・・・

 99点(満点は100点) わーお!とよろこびたくなるのもつかのまなんと

平均点 80点


どんだけテスト簡単だったんだよ!みなさん優秀だったのかしら!!

案の定今回の合格率は「77.1%」 こりゃあ「3級は2日で受かる」という人が出てもおかしくない。

しかし、試験を受けた結果として思うに、あれは勉強しておけば確かに高得点がとれるかも
しれないけど、合格体験記を真に受けて無勉にほぼ近い状態でうけたら、たぶんかなり悲惨な
点数になると思う。

仕事などの関係で受けさせられてる人が多そうだった分、結構まともにみんな勉強してきてるはず。
だからいくら合格率が高くて平均点が高くても勉強はしないとまぐれはない。原チャリの免許を
無勉で受けたらやっぱりきっと落ちるでしょ?そして原チャリよりは範囲も広いし、やっぱり3日は
厳しいと思う。学生なら1週間もあるかもしれないけど、独学で社会人なら3週間は見ておいたほうが
いいと思いました。

試験当日~ビジ法3級④

今回の受験会場は横浜経理専門学校耐震工事はちゃんと進んでいるのか?と、一歩踏み込むのにも勇気がいるような歴史を感じさせるビルヂング。最近「リスクマネジメント学科 4年制」を作ったとHPに書いてあるけど、その前に・・とつっこみたいけど、地味な教室はいかにも「経理」の学校で、派手派手大学とかに行くよりきっとずっと勉強してるんだろうな、と好感も持てたのも事実。真面目すぎそうで、私は行きたくないけど。

ビジ法3級の試験時間は2時間。「途中トイレに行ったらそこで試験中止」とのことで、おしっこ近いことが私のアイデンティティ!みたいな私はその話を聞いただけで尿意に取り付かれる。試験官の説明中に一度トイレに行き、さらに問題を配る直前にもおしっこへ。結果2時間の間ずっと頭から「おしっこ」のことが離れることがなかった・・・。

会場は全体的に大人ばっかり。資格試験って女性が比較的多い(4割くらい)イメージだけど、今回は男性が多かった。また「3級」という資格を受けると学生の比率が高いのだけど。これは「ビジネス」だけあって、サラリーマン風の人も多かった。「試験受けるのに俺こんなチャライ感じで余裕ぶちかましてんすけど」みたいな【自由な俺を見て的な受験者】も、3級くらいの試験だと逆にベタというか風物詩なんだけど、今回はそれもいなかった。「ビジネス」で「法」なだけでかなり地味な人間を集めてるのかもしれない。ということで私としては居心地は悪くない試験会場だった。

試験自体はマークミスとかケアレスミスをなくそう!と今回真剣に見直しに取り組んだので、試験終了まで席に座っていた。

theme : 資格
genre : 学校・教育

具体的な勉強方法~ビジ法3級③

さて、この公式テキストを使ってどのように勉強したか。

最初はまずテキストを1回転させてから問題集にとりかかろうとした。しかしあまりにつまらない。よくまとまっているとは思うのだけど、ほんとにこれが3級の範囲?というくらいの膨大な量で全然進まない。しかも1週間たったあたりで、何も頭に残ってないことにも気が付いた。

しかたないので、1週間たった頃から、問題集メインに切り替えた。問題集も最初は何を問われているのかすらわからず解説を見ても理解できず。しかし、間違ったところと、正解以外の選択肢についての解説もよくチェックしておいた。(試験はマークシートなので全て問題は択一)

そのうち、自分でも得意な章が出てきたりして、問題を解く勢いがついてきた。問題集の半分くらいまで来たところで、後半へすすめつつ 最初の問題から2周目をスタート。明らかに正解は増えていくものの、やはり「丸暗記」が必要な項目などは間違う。解説がもっと詳しく必要と思う場合にはテキストに立ち返る。とそういった正攻法な流れ。

ちなみにまとめノート的なものは基本的に時間の無駄だと思って今回は作らなかった。表にしたほうが確実に覚えやすそうなものもなくはなかったけれども、たいていまとめノートってあとから見ないし。1ヶ月という準備期間ではノートをつくる時間は捨てた。

最終的に残り2週間の段階でテキストを見ることは完全にあきらめた。時間はないし、テキストの内容は「詳しく知りたい」時に引くものであって、暗記してもそこまでは出ないということが過去問からわかったからだ。(公式問題集の問題は全て過去問)

残り1週間でTACの一問一答を投入。その段階でTACに載っている問題は全て一度は解いたことがある問題なので(この問題は公式問題集を編集しただけ) より自分の苦手分野が見えやすくなってきた。時間がなかったものの、結果的に問題集を3.5周くらいして試験当日を迎えることになった。

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

独学テキストはこれ~ビジ法3級②

いろんな掲示板等で見てご存知かもしれませんが、この試験は
公式テキストと問題集 これ最強!

これだけ書かれてるのに他の問題集に手を出す人の気がしれませんが、なぜ「公式が最強」かというと、かつての初級シスアドと同じく「まんま同じ過去問が繰り返し出る」のです。

公式テキストに手を出したくない理由はわかります。
すげー面白みない!しかも厚い。さらに高い。問題集3000円くらいだし、テキストもそのくらいした。
(調べるの面倒なので適当) 

ヤフオクで買うにも、過去のもんは(法律だけに改定が多い)買いたくない。となると独学とはいえ結構な出費になる。私も過去一度勉強しようと購入し、その回は勉強できずゴミになる・・という苦い経験があります。

だから、おすすめは6月の試験を受けろ!そんで6月終わったらヤフオクで12月受験者に売れ!
12月受験では、次の6月の受験者に売ることはできません。(年度が替わると試験範囲も更新)

そんだけ公式だけでいい、といいつつも私も買っちゃいました。他の問題集。
TACの一問一答。これは過去問そのままをコンパクトにまとめて一問一答形式にしてるもの。
3級の問題は、一見問題文が長くても意外とその前フリが問題と関係なかったりするのでこの形式でも意外といい。直前の通勤時間には活用できました。しかし、解説がすくないのでこれだけではなんとも・・・。全体像が見えてない人にも使えないかも。

でも逆に今他の法律資格を目指してる人にはこの1冊で十分かもしれません。




theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

ビジ法 まずは3級 準備期間は1ヶ月~ビジ法3級①

ビジネス実務法務検定3級。

馬鹿にしてる人多いと思う。
実際ネットで見ても「2級からにしたほうがいい?3級から?」とかいう質問に対して
必ずと言っていいほど「3級は2日で取れた」とか「朝読んだだけ」とかの変な自慢
ばっかり。

特に法律系資格ってこれ多いのよね~。

国家公務員の倍率見ても思うけど、行政職とかって多いのよ、受験者が。
それで、自分も法学部法律学科出身なのでよくよくわかるんだけど、司法試験を
頂点とした資格のヒエラルキーがよくわかるだけにみんなどっかで心が屈折してるんだと思う。学士でも修士でも博士でもいいけど、
法学ほど「学位取ったって何の自慢にもならん」世界も少ない気がする。

偏見だけど、大学受験の段階で法学を選ぶ人って理屈っぽいとこある気がするし。

「行政書士」「宅建」等々を簡単と言い切る人に限って受けたこともなかったり。
司法試験をトップとしてみたときに「比較的簡単」と書いてあるLECとかのパンフの
受け売りだったりしてるんじゃなかろうか。

でもまともに受けたら行政書士、難しいよ。大体ちょっと勉強して暗記するだけ
のが普通の試験だとしたら、法学には「リーガルマインド」と呼ばれる、判断基準?みたいなものがあるのでこれは多少時間をかけていかないと育たない気がする。

ということで私はちゃんと3級から受けることにしました。
理由は、たまには仕事にも使えるような知識も目指してみようかな。と。

方法は独学。期間は 簿記3級(6月)が終わってからの1ヶ月
元の知識は法学部とはいえ、何か資格があるわけでもなし、卒業からも8年も時間がたち法律(特にビジ法に関係するような【商法】【会社法】は全くの別物に・・・)の世界では感覚(さっきのリーガルマインドってとこ)的な部分で多少有利とはいえ、知識はゼロかそれ以下ってところからのスタート。

法律系資格の場合、元の知識ゼロのほうがよっぽどいい場合があると思う。
なぜなら「過去の法律」がちょっと頭に残ってると「どっちが最新だっけ?」とわからなくなるから。
民法だっけ刑法だったっけ、この判断は?とか。
まぁお前がそんだけ勉強してなかったんだろって言われたらそれまでだけど学部出てから普通の会社員を何年もやってたらそうもなるって!

「善意と悪意」みたいな基本中の基本の単語を含めて、私が「普通」と思ってる法律用語の中に 一般的には普通じゃない単語があるかもしれないので、「全く予備知識いらない」とまで言い切っていいかは不明だけど、「商」知識ゼロの私が簿記を受けるのと同じ感覚で他の社会人の人が受けても不利ではない試験だと思う。

あ、そうだ。ひとつだけ有利なのは、直前に簿記を受けていたので手形とかその辺についての知識だけは最新に更新されていたってことかもしれない。

theme : 資格取得
genre : 学問・文化・芸術

FC2アフィリエイト

売れ筋

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール

検定はなこ

Author:検定はなこ
勉強時間の限られた社会人。
最小の勉強時間で、
できればお金もかけずに合格!

大きな資格はハナから諦め、
小さいのをちょこちょこ狙ってます。

受けてから知った「知っておきたかった情報」メモと実際につかった教材の紹介blog。

元々の知識→法学部卒 大学卒業時の英検3級

最近の記事
最近のコメント
資格ブログの仲間たち
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。