FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一の実技テスト【アロマ検定⑤】

アロマ検定は実技と筆記で行われる。
実技といっても3本のオイルのにおいを当てるだけ。何かを調合するわけではない。
しかしこの実技、実は対策に一番苦労した。

実際やってみるとわかると思うが、たとえば「オレンジ」と「グレープフルーツ」。 
同じ柑橘系なので傾向は似ているけど、でも誰も香りを比べて間違えるはずのな
いような個性のある香りのはずなのに間違える。

片方だけを嗅いでみて「これは何?」といわれると混乱するのだ。
不思議なものでミントとユーカリ、ティーツリー。とか 系統が似ていて、
でも明らかによく知っている、というにおいでもこの混乱は発生してしまう。
むしろ「ミルラ」など検定を受けなければ知ることもなかったような香りのほうが、
簡単に覚えられる。

 対策は【頭ではなく体で覚えるとはまさにこのことだ!】というくらいに
嗅いで嗅いでかぎまくることだ。「次はレモン」とかビンのラベルを見ながら
嗅いでは意味がない。誰かに頼んでクイズ形式に出題してもらうなり、
目をつぶって無作為に嗅いで見るなりしてとりあえず当ててみることだ。
そうしないと体は覚えてくれない。

 以前は紙に浸したオイルを嗅いでいたらしいが、今は一人3本づつ
小さな瓶がくばられ、ふたを開けて嗅いで答える、という形式になっている。
瓶のまま嗅ぐのと、何かにたらしてから嗅ぐのでは微妙に香りがかわってくるので
対策の際には「ふたを開けて瓶から直接」かぐことをお勧めする

theme : 資格
genre : 学校・教育

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2アフィリエイト

売れ筋

09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
プロフィール

検定はなこ

Author:検定はなこ
勉強時間の限られた社会人。
最小の勉強時間で、
できればお金もかけずに合格!

大きな資格はハナから諦め、
小さいのをちょこちょこ狙ってます。

受けてから知った「知っておきたかった情報」メモと実際につかった教材の紹介blog。

元々の知識→法学部卒 大学卒業時の英検3級

最近の記事
最近のコメント
資格ブログの仲間たち
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。