FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢検CBTを受けてみた

会場は横浜駅から徒歩の専門学校。岩谷学園だった。予備校のような雰囲気がとても懐かしい。

試験開始まで、PCのない普通の教室が待合室となり待たされる。CBTの受験は7級(小4レベル)から2級のため、ほとんどが小学生。中学受験対策の低学年版なのか、小4レベルからにしてはもっと小さそうな若手が多数、ママと一緒に来ている。大人は、大学生(履歴書用?うーん、あまり就職に役立つとは思えないけどなぁ)とあとは40歳代の男性が一人。お互いちょっと居づらいですよねーと、話しかけたい。

さて、時間になり会場に入り、受験番号の書いてあるPCの前にそれぞれ座る。全体で20人程度。手元に持っている問題集から、どうやら2級受験は私と40代の2人のようだ。ちょっと大学生、あなたは3級で就職試験に臨む気か?それはそれで応援をしたいけれども。

試験開始前に、他の試験と同様注意事項が読み上げられるが、「読みの問題、書き取りの問題のそれぞれは時間中何度でもやり直せるが、一度読みから書き取りに移ると戻れませんので、読みの見直しをしてから書き取りをしてください」ということが一番のポイントのようだ。読みはキーボード、書き取りはタブレットで回答するシステムだそうだ。
そのとき小学生が手をあげた。「ローマ字はかけないので、カナ入力にしてください」 そうか・・・。まだ習ってないのね。でもキーボードは打っちゃうんだね、しかもカナ入力かよ。いきなり小学生と差をつけられた気になる。

試験自体は、漢字の問題なので、今まで自習してきたものとほとんど変わらない。勉強しておけばあまりあせることのない内容だと思う。ただ、タブレットが使いにくく、うまく文字がかけず何度も書き直すため、時間的にちょっと焦ってしまった。対策のためにタブレットを購入するのもばかばかしいので、CBT受験の場合は、読みをかなり早く終わらせて書き取りにちょっと多めに時間を割いたほうがよさそうだ。

先ほどの小学生は、タブレットを持つ手もよどみなくさらさらと答える。左手も動いているからマウスではなくタブできちんと次の問いに移ってるのだろう。すごい。今の小学生なら当たり前なのかな?私なんか中学に入ってやっと学校にPC教室が作られたけれども、結局「花子で線を描いてみよう」でPCの授業が終わった。大体先生が説明書片手にPCを終了させていたからそりゃあ授業なんて無理だろうな。

comment

管理者にだけ表示を許可する

FC2アフィリエイト

売れ筋

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
プロフィール

検定はなこ

Author:検定はなこ
勉強時間の限られた社会人。
最小の勉強時間で、
できればお金もかけずに合格!

大きな資格はハナから諦め、
小さいのをちょこちょこ狙ってます。

受けてから知った「知っておきたかった情報」メモと実際につかった教材の紹介blog。

元々の知識→法学部卒 大学卒業時の英検3級

最近の記事
最近のコメント
資格ブログの仲間たち
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。